薄毛ナンデス

何だか前より毛が薄くなってきた‥?と感じたら。今すぐ知りたい・早く試したい方法が満載!!

白髪対策 薄毛対策

髪の毛成分と頭皮の構造を知ってきちんとケア

2017/01/17

髪の毛の成分を知ろう

髪の毛の主成分は色や髪質関係なく同じです。タンパク質が約80~90%を占めており、残りがメラニン色素脂質水分などです。この髪の毛の大部分を占めるタンパク質はアミノ酸から成り立っています。髪の黒色の色素はメラニンという物質です。

blackhair

若い時はこの黒い色素を作っている”メラノサイト”が活発に働いているため黒い色素が十分にあり黒い髪の毛を保持していますが、年を取るとともに減少してしまうのがこのメラノサイトの働きなのです。

加齢とともに衰えてしまうメラノサイトの働きを活発にするために必要な栄養素は、ヨード(ヨウ素チロシンが必要になります。ヨードはメラノサイトを活発にさせ、チロシン・銅はお互いの働きを活発にし、アミノ酸は黒く染めるときに必要な成分になります。チロシンや銅は、魚介類に多く含まれています

 

髪は毎日生えかわっていて、寿命はだいたい3年~5年、長くて7年ほどです。自然な生えかわりで抜ける量は、平均すると1日に約70~80本程度ですが、自然な生え変わりとは別で抜け毛が多い場合は、栄養不足が主な原因になります。

なので、上記で説明したように毛髪を生成している成分を普段の食事から積極的に摂り入れることで髪の毛にまで栄養がいくようにしましょう。 ※薄毛に有効な食材を詳しく見る

頭皮の構造とマッサージ

髪の毛は頭皮の毛根にある毛球部で細胞分裂が繰り返されることで成長していきます。毛球部は、毛乳頭と毛母細胞から成っており、この2つの活動が活発であるほど髪の毛が成長します。つまり、髪の毛の成長には頭皮の状態が大きく影響しているということです。

頭皮には皮脂腺や汗腺が密集しているため、他の部位に比べて皮脂や汗で汚れやすい状態です。そのため、匂いやフケ、かゆみなどの症状が出やすいのです。頭皮はバリア機能や保湿機能が低いため、ほかの部位よりも大切にケアしてあげた方がいいと言えます。

なので、髪の毛が痛んでいるからといって、どんなに髪の毛をケアしていても、頭皮の状態が悪くなると、顔の肌の状態が悪い時と同じように、発毛の量や、髪の質も悪くなってしまいます。

また、カラーリングやパーマなどで髪の毛が傷んでしまうと同時に頭皮も刺激を受けていますし、髪の毛を染めたりしていないのに髪の毛が健康的ではないと感じたり、頭皮が荒れている‥等と感じたら早めに頭皮のケアをしてあげなくてはいけません。

cuttinghair

そこで有効なのはまず、マッサージをして頭皮の血行促進と毛穴ケアをしいてあげることです。薄毛の進行度合いによりますが、まだ薄毛が気になり始めたばかりの段階だったりするのであれば、尚更こちらの方法を毎日やってから効果を見てみた方がいいと思います。

頭皮マッサージというものは、主に、顔、そして頭にかけて、頭皮のツボを刺激していくということがメインとなっています。
このため、頭の血流を促進することができ、ツボを刺激することによって、全体の健康を整えることができるといえるでしょう。

ヘッドスパの場合、頭皮だけではなく、髪の毛のケアも行ってくれる場合があります。

頭皮マッサージでは、頭皮のツボを刺激するということがメインとなります。このため、全身にさまざまな効果をもたらしてくれるというのが特徴なのです。

たとえば、頭皮マッサージでは、頭の凝りだけではな体全体の凝りをほぐす効果があり、肩こりや首などの凝りをほぐすこともできるのです。

spamassage

最近では、肩こりなどが原因となって頭痛が引き起こされるケースが増えていて、片頭痛に悩まされているという方も多いです。しかし、頭皮マッサージをすることで、こういった頭痛も改善することが可能であるといわれています。

また、頭皮マッサージをすることで、眼精疲労の改善効果も期待できます。
入浴中や入浴後の、体が温まった状態で行う事をお勧めします。体全体の血行を良くすることで、くすみ/むくみなども改善することがで期待できますし、寝つきが悪いという方や体全体がだるいという方は、こういった症状も改善することができるといえるでしょう。

 

-白髪対策, 薄毛対策
-, ,